アンコウ/Monkfish

b0203048_15152080.jpg

アンコウ(キアンコウ)
旬:10-3月 Season: October-March
主な産地:九州・山口・島根・茨城・青森・福島・中国・韓国
Origin: Kyusyu area, Yamaguchi, Shimane, Ibaraki, Aomori, Fukushima, China, Korea

冬のお鍋にいかがでしょうか。「アンコウ」のご紹介です。
アン肝は、ポン酢和えや寿司にも。。
もともとは関東だけの冬の味覚だったそうですが、今は全国区。
アンコウ鍋は絶品の美味しさです。
皮、トモ(尾の部分)、えら、柳肉(ほお)、ぬの(卵巣)、水袋(胃)、きも(肝臓)は七つ道具と呼ばれ
それぞれ違った歯ごたえや味わいが楽しめます。
また旬の良質な「国産あんきも」は、極上品で高価。
フォアグラより上と評する人もいます。この季節だけの贅沢なお魚です。

---------------------------------------------------
Monkfish (Ankou)
Recommended as ingrediet for Nabe dish in winter,
very delicious and expensive dish.
Its liver (called 'Ankimo') can be eaten with Ponzu or as Sushi.
Its skin, tail, gill, cheek,stomach are also eatable with their
unique and special taste and texture.
Very delicious and expensive fish.
[PR]

by fukusui-shoji | 2011-12-01 15:07 | 鮮魚/Fresh Fish  

<< のりくろ/Norikuro (... すだちスパークリング/Suda... >>